「平和」という木に 「教育」という水を

「平和」という木に 「教育」という水を

2018.06.26

2018年度 事業概要

THE SHIMONAKA MEMORIAL FOUNDATION PROJECT OVERVIEW 2018

公益財団法人下中記念財団 事業概要

<h1>2018年度 事業概要</h1>

Ⅰ.公益を目的とする事業

公益事業番号1:科学技術に関する研究活動の助成事業

  1. 下中科学研究助成金(公募)
    学校の先生方の真摯な学問・研究を助成し、その発展を願い、科学及び科学技術の振興を図る。
  2. インドで日本語を学ぶ学徒を助成するもので、日本語学習の参考図書寄贈・日本語研修のための招聘等を行う。
  3. 百科事典情報基盤形成助成活動(公募)
    百科事典を編集、制作する出版社、研究機関、団体を対象に、百科事典情報基盤形成に寄与するプロジェクトを公募する。

公益事業番号2:教育映像資料の収集、貸出、閲覧および展示

  1. ECアーカイブス
    収蔵映像の貸出及び閲覧を行います。定期的に映写会を開催し、一般に公開する。
  2. パール・下中記念館パール・下中記念館の展示を整備し、年2回程度、平和に関するテーマに沿い、講演会を行う。

公益事業番号3:科学技術の優秀な研究成果に対する表彰

この事業は10年毎に行うもので、毎年、下中科学研究助成金取得者30名の内5名が当財団の「年報」にその研究論文を執筆しているが、当該10年間の執筆者を対象に、その後の研究を踏まえた研究論文を募集し、最優秀賞1件(賞金100万円)、優秀賞2件(各50万円)を選定する。

Ⅱ.収益を目的とする事業

収益事業番号1:伝統芸術の貴重な映像及び資料の頒布

現在販売しています『雅楽シリーズ』<DVD-RX>版全8巻及び財団の収蔵する伝統芸術の貴重な映像と資料の頒布を行う。

(なおⅠ.Ⅱとも、詳細は事業活動欄をご参照下さい)

パール下中記念館
ECアーカイブズ
百科事典情報基盤助成金
雅楽

下中弥三郎 / 下中記念財団について

本財団は「教育」への貢献を目指し、科学研究や留学生を対象とした助成から、映像記録アーカイブや百科事典の情報基盤整備まで、幅広い活動を支援しています。そして「平和」の意思をアピールし続けることに、重要な使命を感じています。

最初に戻る
出版は教育である 出版は学校である

下中弥三郎のことば