「平和」という木に 「教育」という水を

「平和」という木に 「教育」という水を

2020.06.05

【訃報】「下中科学研究助成金」審査委員長 金子明石先生

<h1>【訃報】「下中科学研究助成金」審査委員長 金子明石先生</h1>

当財団「下中科学研究助成金」審査委員長・金子明石先生が長きにわたる懸命の治療も空しく、去る6月2日、肺炎のためお亡くなりになりました。享年86歳でありました。

先生は昭和8年、北海道でお生まれになり、昭和35年、北海道大学大学院理学研究科動物学専攻課程を修了された後、昭和46年、文部省(当時)初等中等教育局教科書調査官に就任、平成元年には同主任調査官に就任されました。

当財団との関わりは、財団法人下中記念財団評議員(平成3年6月~平成21年6月)にご就任していただいたのを皮切りに、下中教育映像助成金審査委員(平成4年~13年)、下中科学研究助成金審査委員(平成元年)に就任。更には、平成22年より、亡くなるまでの10年間の永きに亘り、第4代審査委員長として約千通におよび応募申請書一つ一つ丁寧にお目通しいただき、鋭いご批評の一方、暖かいご指導のコメントをいただき、財団の主要事業である「下中科学研究助成金」を文字通りリードしてこられました。

ここに永年の当財団への多大なるご貢献に深く感謝申し上げるとともに、衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。合掌

公益財団法人下中記念財団 理事長 藤井卓也

パール下中記念館
ECアーカイブズ
百科事典情報基盤助成金
雅楽

下中弥三郎 / 下中記念財団について

本財団は「教育」への貢献を目指し、科学研究や留学生を対象とした助成から、映像記録アーカイブや百科事典の情報基盤整備まで、幅広い活動を支援しています。そして「平和」の意思をアピールし続けることに、重要な使命を感じています。

最初に戻る
学習権は人類の生活権の一部である

下中弥三郎のことば