「平和」という木に 「教育」という水を

「平和」という木に 「教育」という水を

2022.07.22

【訃報】世界平和アピール七人委員会・武者小路公秀氏

<h1>【訃報】世界平和アピール七人委員会・武者小路公秀氏</h1>

世界平和アピール七人委員会・武者小路公秀氏が令和4年(2022年)5月23日、享年92歳でご逝去されました。

武者小路公秀氏追悼

武者小路公秀(むしゃこうじきんひで、1929〜2022)氏は、国連大学副学長を務められた国際政治学者であり、生涯にわたり平和と人権を守るための活動を続けられました。

下中弥三郎の没後50年の2011年に生誕地である丹波篠山市において、市と世界平和アピール七人委員会と当財団が協力して開催した講演会において、「地域主権と世界連邦」について講演をおこない、この三者が協力してそれ以来毎年同市において開催している平和問題の講演会において、2017年に「下中弥三郎先生の思想を活かす世直し」と題する講演をされました。

世界平和アピール七人委員会は、世界連邦主義者であった下中弥三郎が主導して、1955年に結成された組織であるというゆかりもあり、武者小路氏は2004年から2021年まで委員を務められました。ご冥福をお祈りします。

2022年(令和4年度)「下中科学研究助成金」関連情報
パール下中記念館
ECアーカイブズ
百科事典情報基盤助成金
雅楽

下中弥三郎 / 下中記念財団について

本財団は「教育」への貢献を目指し、科学研究や留学生を対象とした助成から、映像記録アーカイブや百科事典の情報基盤整備まで、幅広い活動を支援しています。そして「平和」の意思をアピールし続けることに、重要な使命を感じています。

最初に戻る
本屋こそ理想の仕事

下中弥三郎のことば